腰の構造と腰痛

国民病とも言われる腰痛。加齢とともに軟骨がすり減り、潤滑液を作る能力が少なくなっていくのです。
そこで、グルコサミンを長期的に摂取することで、スムーズで活動的な毎日を過ごすことができます。

脊椎(背骨)には「椎間板」という衝撃を吸収するためのクッションの役割をする組織があって、腰の構造もこの脊椎の一部なんです。
ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症など、腰痛には種類がありますが、どうして腰痛が起こるのでしょうか。
腰痛の原因になる部分は、腰椎という部分。ここに異常が起こるために腰痛が起きるのです。
腰椎は構造が複雑にも関わらず、日常的に負荷をかける動作をとることが多いので、腰痛を引き起こしてしまうのです。
他にも、加齢、神経の圧迫、骨量の減少などいろいろな原因があります。
では、どんな人が腰痛になりやすいかと言うと、立ったまま、あるいは座ったままなど同じ姿勢で長時間作業をする人。重い荷物を運ぶ人や長距離運転手など。姿勢が良ければ腰痛は起きないのでは?と思いますがそれは間違いです。長時間同じ姿勢をとることで筋肉が疲労し、椎間板に負担がかかってしまいます。

腰痛対策にグルコサミン

腰痛治療には保存療法、安静療法、装具療法、ブロック注射などがあり、症状を緩和します。
また腰痛対策には、ベルト、ストレッチ、コルセット、湿布などがありますが、今注目されているのが、グルコサミンです。
グルコサミンとは、カニ殻や、エビ殻などに含まれる多糖類の一種。
軟骨成分であるムコ多糖タンパクのもとになる成分で、カルシウムの骨への定着を高め、加齢とともに起こる「すり減り」を補ってくれます。
ムコ多糖タンパクとはネバネバとした成分で、滑らかさの源となる大切な栄養素です。
このムコ多糖は加齢とともに減少し、体内で作られにくくなっていきますから、グルコサミンを補充してあげることが大切なんです。
日本健康栄養食品協会が推奨するグルコサミンの1日当たりの摂取量は500mg〜1,500mgです。
食品には微量しか含まれていないので、サプリメントなどで摂ることをおすすめします。

そんなあなたにおすすめのサプリメントはこちら

アクティブな毎日に!「フジフイルム グルコサミン&コラーゲン」をご紹介します。

フジフイルムのグルコサミンは一般のグルコサミンより約3倍の
効率で働く「N-アセチルグルコサミン」配合。

「低分子マリンコラーゲン」はフジフイルム独自で開発された
低分子コラーゲン+ 2種類のピココラーゲン(プロリン・リジン)を
組み合わせるトリプルコラーゲン設計で無駄なく吸収!

軟骨成分(コンドロイチンとヒアルロン酸)で不足しがちな成分をバランスよく配合。
アクティブライフをサポートします!!





→今すぐ富士フィルムのグルコサミン&コラーゲンを買いに行く